Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

香港 GIFTSHOW

先月末に香港ギフトショーへ行ってまいりました。

体育館が10個くらい?入る敷地の香港コンベンションセンター全エリアを使い36カ

国、約4000以上の出展がありました。

時計はもちろんの事、他にもオモシロイ物が無いか?流行りそうな物ないか?オリジナルで作れる物はないか?綺麗なオネェさんはいないか?小ロットで作れるものは無いか?足を棒にして探してきました。

最近は写真撮影が禁止のところが多いのですが一通り撮影をしてきました。
帰って見直してみると、なぜかアンティークな物や人形のような物が多く残ってました。

ちなみに芸術音痴の私。
何かが目覚めたのでしょうか?
それともただ癒されたかったのか? 謎です・・・

新アイテムに関しては紹介できるようになり次第コチラで http://chk.la/czy

そして最終日の夜。
ひょっとしたらそのまま中国に行くかもしれないなぁ~と 最終日は宿の予約は取ってませんでした、でも大丈夫! 香港には重慶マンションという安宿の集合したビルがあるのです!
そこに行けば、衛生面、安全面をちょっと我慢すれば格安で泊まれます!! (たまに使ってます)

その夜、重慶マンションに行くとちょっと異様な雰囲気。
平日なのに妙に人が多い・・・?

なんとその日は中国の祝日と重なり、どこもかしこも満室でした。
ビルの上の方から1件1件空きがあるか聞いてみてもどこも満室。
完全な想定外!

これはまずいと思い荷物を抱え、とりあえず北へ北へ向かいました。
そしてまた飛び込みで「酒店」(ホテルの意)の入って空きがあるか聞いてみるとやっぱり満室、4件目か5件目あたりで、「うちは満室だけど部屋は用意できるかもしれないからちょっと待って」とおばちゃんが筆談で教えてくれました。

1時間そこで待機したあと、青年が一人ついてこいと言うので付いていきます。
すでにホテル代は払ってます。
まさかこのまま路地裏で身ぐるみ剥がされたり??

ドキドキです、そしてワクワクです。

結局案内されたのが「快楽別望」と書いた看板の宿
看板には「時祖」「過夜」「日祖」と補足説明が・・・

つまりここは・・・ ラブホ●ルではっ?

初めて海外でラブホに一人で泊まりました。

よくも悪くも壁が薄かったです。