Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

オリジナル腕時計を作成する方法とは

オリジナル腕時計を作成したい

会社の設立記念や周年記念、また卒業記念や就職記念といった各種記念品、さらにイベントノベルティやチームのグッズなど、さまざまな場面においてオリジナルのグッズを作ることができればとお考えになることもあるでしょう。
目的は配布であったり自分たちで所有するものであったり、ときには販売したりすることもありますが、いずれも自分たちのオリジナルのグッズを作成してアピールもできますし、チームで共有してさらに絆を深めるといった使い方もできます。
その中で、オリジナル腕時計も喜ばれるアイテムの1つです。しかし、その作り方とはどのようにするものか、どこに発注すればよいのか、わからない点もたくさんあります。オリジナル腕時計を作成するにはどのような作り方を行うものなのでしょうか。


使い勝手のよいグッズを

記念品やノベルティ、プレゼントにチームオリジナルグッズなどに選ばれる品物には、手元に置けるコンパクトな雑貨からインテリアとして長く置いておける置物や飾り物といったものまでたくさんあります。その中でも、いつも身につけられる品物は実用性も十分で日常的に活用できますし、他のショップでは手に入らない独自性でさまざまなアピールができます。
そうした身につけられる日用品として、腕時計がよく選ばれています。腕時計は目立つところにつけるものですし、いつも目に留めることができてアピール能力も抜群です。こうした使い勝手のよいアイテムは、記念品として感謝の気持ちを伝えるにも、販促品として企業や団体を宣伝するにも、チームや友人などといつもつながっていられる気持ちを持つにもぴったりです。
こうしたオリジナル腕時計を作成するには、主に時計専門に製品を作っている会社に注文をして、使用の打ち合わせを行うのが一般的です。


どのようなところに発注するか

オリジナル腕時計の作り方として、その注文を請け負ってくれるのは主に時計を製造・販売する専門メーカーです。ときにギフトを総合的に取り扱う店舗でも注文を受けていることもありますが、時計専門メーカーならよりその製品クオリティに信頼が置けるといえます。専門店として培ってきた時計作成のノウハウを、オリジナル製品にもふんだんに生かしてくれるのです。
オリジナル腕時計を作成してくれるメーカーには、主にグッズ用やOEMを主な事業として展開しているところが多いですが、高級ブランドレーベルも展開する大手時計メーカーもサービスを行っていることがあります。それぞれのメーカーでロット数やデザインバリエーション、金額などの仕様が異なっていますので、用途に合わせてどれくらいの予算でどのようなものを作るかを決めておくとよいでしょう。

オリジナル腕時計を作成する流れ

さまざまな用途に使えるオリジナル腕時計。これを時計メーカーなどに発注して作成を依頼する際は、どのような流れを取るのでしょうか。

注文する

まずはメーカーに連絡して、どのようなものを作りたいかといった詳細を伝えます。このときに伝えておくべき内容は主に以下の項目です。

どのような目的で使用するか

創立記念・周年記念・卒業記念・販促ノベルティ・チームグッズ制作など

数量はどれくらいか

メーカーによって小ロットに対応していなかったりする場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

予算

数量との兼ね合いで、予算によってどのようなタイプのものにするか、装飾や文字入れなどをどうするかといった詳細も絞られてきます。

デザインのイメージ

オリジナル腕時計を作成するには、多くの場合はセミオーダーで行われます。いくつか用意されているデザインのパターンやベルトの素材、文字盤の種類などから組み合わせたり、仕様としてある程度決まったものから選んだりなどの形があります。

納期

いつ使用するかを伝えておくことで、そこまでの日にちで納期を決定されるのはもちろんですが、納期までに余裕があるか否かで凝ったデザインを採用することが可能かどうかも検討されます。

見積もり作成

上記の注文内容を踏まえ、メーカーから見積もりを作成してもらいます。その際、注文内容によって決定したデザイン画を提出してもらうこともあります。そこでもし要望があればその都度メーカーに伝え、変更に対応してもらうことができます。納得いくものを作るためには、妥協しない方がよいでしょう。

試作品作成

場合によって、まずサンプルとなる試作品が必要なときは、最初に作成してもらうこともできます。ここまでで1ヵ月程度要することが多いため、納期までに余裕がある場合に依頼することをおすすめします。

正式な注文手続き

以上の流れで問題がなければ、正式に注文手続きを取ります。ここまでに数量やデザインの変更などがあれば対応が可能です。ただし、この手続き後に生産を行うため、これ以降の変更はできないと考えてよいでしょう。それまでにきちんとメーカーと打ち合わせを行い、詳細な内容をすり合わせしておくことが必要です。

版下を作成

量産するための版下が作成されます。試作品の出来によって変更がある場合はさらに変更が加えられます。だいたい1週間前後かかることがあります。

生産開始~納品

事前に伝えておいた納期に合わせて生産され、希望日に納品となります。

これらの流れが終了するまでに数ヵ月を要することがありますので、早めに注文を行い、メーカーと詳細な打ち合わせを行っておきましょう。


 長い時間をかけて作成した思い入れある品物

こうした作り方で行われるオリジナル腕時計の作成作業。自分のイメージに合ったもの、または用途に合わせたデザイン・数量決定、そして必要に応じた文字入れなどの対応といったことまでメーカーと密に打ち合わせを行い、希望により近い品物を作ってもらうことができるわけです。
長い時間をかけて作られる、時計のプロの技術とオリジナル要素がコラボしたまたとない品物は、きっと愛着のあるものに仕上がることでしょう。記念品として配布すればいつまでもその感謝の気持ちを手元に持ってもらえるものとなりますし、販促に利用すれば質の高いノベルティということでアピール効果も向上します。また、日常的に使うことができるものということで、チームで持っておけばいつでも仲間と一緒にいるという結束をより固める素敵なアイテムとなるでしょう。