Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

オリジナル腕時計を自社ブランドとして製造

自社ブランドの腕時計を販売したい

各種ファッションブランドでも、ウェア以外にさまざまな服飾雑貨を販売していることがあります。またそれ以外にも、雑貨専門に販売している小売店もたくさん存在しています。これらは数々のブランドやメーカー品を縁選りすぐって店頭に並べているセレクトショップの形態を取っているところもありますが、自社のブランドとして立ち上げ、そのブランドネームのもとで販売されるものとして取り扱われることもあります。
例えば腕時計にしてみても、ウェア中心に展開しているショップでも雑貨店でも、だいたいは商品としてラインナップされているものです。これを自社ブランドの商品として並べるためには、自社で製造したものという基本の流れがあるわけですが、腕時計製造の技術がないブランドはその流れに乗れないわけです。
しかし、ぞういった店舗でも自社ブランドの商品としてオリジナル腕時計を販売することができるシステムがあります。


 オリジナル腕時計を販売する方法

自社ブランドとして商品を販売するには、自社で製造ラインを持っていて、そこで製造した上でブランド名をつけて販売というルートが基本にあります。そのためには、それぞれの商品の製造ノウハウを持っていることが前提となるため、各々の分野に強いメーカーが自社ブランドの名前を冠しているのが通常です。
しかし、さらなる販売ルートを広げたり、新たな商品展開に乗り出したりしたいときに、その新商品を製造するノウハウを持った上で始動できるかというと、その限りではないこともあります。特に時計などは特殊な機構や精密な構造を要するため、そう簡単にノウハウを取り込むことは難しいといえるでしょう。
しかし、こうした時計製造のノウハウがなくても、自社ブランドとして商品を販売できる方法があります。それがOEMというビジネス形態です。


OEMでオリジナル腕時計を作る

OEMとは「original equipment manufacturer」の略で、他社ブランド製品の製造などといった意味で使用される言葉です。つまり、それぞれの商品製造のノウハウを持った会社が、他社のブランドの名前で商品を作ることを指しています。
この形態を取ると、自社にない商品の製造ノウハウをその道に長けた会社から提供され、その商品を自社ブランド名で販売することが可能になるのです。受注するメーカー側とすれば、専門的なノウハウをもって製造した商品の販売ルートがさらに拡散されるというメリットも持っています。
時計メーカーのように、その製品に特殊なノウハウを必要とするメーカーには、このOEM事業を積極的に展開しているところが多数あります。そうした会社と提携すれば、自社ブランドのオリジナル腕時計を製造してもらうことが実現するわけです。


OEM製品の発注から販売まで

こうしたOEM事業による商品製造から販売までには、どのような手順を取るのでしょうか。オリジナル腕時計を製造販売する過程で見ていきます。

【大まかな流れ】
▲発注、企画提出
腕時計メーカーに製造してもらう腕時計の規格案を作成します。デザインコンセプトや素材などの仕様を始め、納期をどれくらいで見ているか、また予算はどれくらいかなどを打ち合わせします。
このとき、疑問点や要望などをメーカーに伝え、それぞれが持つ商品イメージをすり合わせておくことが大切です。

▲見積もり作成
上記の打ち合わせ内容を踏まえて、メーカーは見積もりを作成します。その内容をよく確認し、問題がなければ商品作成の準備にかかります。

▲商品図面作成
メーカーは、見積もりに基づいた商品案として図面を作成し、提示します。このときに、企画提出時に伝えたブランドイメージや細かい仕様が盛り込まれているかをしっかり確認しておきます。

▲試作品製造
商品にするものですから、この手順は踏んでおくに越したことはないでしょう。図面をもとに、実際に商品サンプルを作成してもらいます。図面で見るものと実物として目にするものではイメージが多少異なる場合もありますから、細部に至るまでチェックしておきましょう。

▲正式申し込み・生産
試作品に問題がなければ、改めて正式に量産発注の申し込みを行います。最終的に決定した仕様と数量をもとに、納期の調整なども行って生産にかかります。

▲納品
最初の発注時からだいたい1~3ヵ月ほどかかるのは通常で、その他状況や仕様によってさらに先になる場合があります。余裕を持って発注を行いましょう。

【オーダー方法】
腕時計には数々のタイプがあります。盤面の形や色、数字の字体、長短針のデザイン、ベルトの素材、ディテールのデザインなど、決めておくべき箇所もたくさんあります。腕時計メーカーでは、いくつかあるパターンからチョイスしてオリジナルの組み合わせを作る方法や、すでにある組み合わせの中から選ぶ方法、またオリジナルの文字入れなどのプランなどを追加する方法を採ることもできます。
さらに、もっと独自のデザイン性にこだわりたいということであれば、フルオーダーで1から細かくデザインや仕様を決定する方法を採っているメーカーもあります。

【わからないことはメーカーに訪ねる】
特に、自社で時計の販売に初めて乗り出すような場合には、製造ノウハウを始めとしてデザインの実現や素材などの性質、その他詳細な製品情報についてわからないことや知らないことも多いはずです。
そのようなとき、疑問に思う点などがあればどんどんメーカーに尋ねて解決しておきましょう。自分でも把握しきれていない商品を販売するには苦しいものがありますから、どのようにして作られるものなのかを知っておくことは、小売店としては肝に銘じておきたいところです。


自社のイメージを実現してもらえる

このように、専門メーカーの協力を得れば、自社では製造販売が難しい腕時計のような商品でも、自社ブランドとして売りだすことができるようになります。時計に関してあらゆる面に長けている専門メーカーは、その技術を存分に生かし、ブランドイメージにぴったりなものを打ち出してくれるはずです。
こうしたOEM事業は多方面に広がっており、さまざまな小売業がメーカーの力を借りて取り扱い商品の拡大に乗り出しているのです。