Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

顧客ニーズに合った自社ブランドのメリット

自社ブランドから商品を売り出す利点

市場に流通しているあらゆる商品は、実にさまざまなアプローチで世に売り出されています。特に、商品にブランド名を冠している形態は広く利用されており、その商品をよりアピールするのに役立っています。
中には、ブランド名を目当てに購入する層も確実に存在し、ブランドを冠することで商品がより認知されて手に取りやすくなることがわかります。自社ブランドとしての名前を確立させれば、そのまま販売するよりも購買層に広がりが出ることも考えられるのです。
商品を製造するメーカーは、それぞれの商品の特徴をもとに自社ブランドを設定し、その名前で自社製造の商品をリリースしているわけですが、小売店や観光・イベントなどの企画者などが商品を販売するには、商品ラインナップとそれに見合った製造メーカーとの提携を行うことが必要です。
例えば腕時計のような商品を売り出すためには、精密機器を製造する技術を持ったメーカーと提携する必要があるわけです。
このような方法を採って小売店などが自ら自社ブランドを立ち上げて商品展開を行うメリットとは何でしょうか。


広く利用されるビジネスモデル

商品を製造するメーカーではなく、小売店など販売企画を行う団体が自社ブランドを設立して商品を売る形態は、広く利用されているビジネスモデルとして認知されています。小売店などは、商品製造をもともとの生業としていない分、売るものに対しては仕入れ元のメーカーに一存するのが基本となっています。
そのため、小売店などがそれぞれに訪れる顧客層の違いやニーズの違いに合わせて商品をそろえるのはときに困難な場合もあるわけです。観光やイベントに携わる小売の場合、特にオリジナリティを出したいわけですから、既存のメーカー品ではそのニーズをカバーしきれないわけです。
さらに、腕時計などの商品やグッズを販売しようと思えば、特殊な技術を持っていないと製造は難しくなります。そのようなときに、小売店などがより顧客に寄り添った自社ブランドを立ち上げ、その製造を専門のメーカーに依頼するという形が取られるのです。


多方面にメリットがある

こうした形態をOEMと言い、小売側はより顧客層に合わせたオリジナルの仕様を持った商品をメーカーに提供してもらうことができ、メーカーは自社製品を安定して販売できるといったメリットがあります。
さらに消費者側からしても、小売店独自の個性を持った商品を購入できますし、流通ルートの簡素化から安価になった商品を手にすることが可能になります。このように、三者三様に利点をもたらすことができる有効なビジネスモデルがOEMというわけです。
腕時計にしても、こうした形態で販売することで、メーカーのナショナルブランドと同等の性能を持つものも比較的気軽に手にすることができるのです。


具体的なメリット

OEMの形態を取った商品は、小売・メーカー・消費者ともに有益となるわけですが、具体的にそれぞれ得をする点とは何でしょうか。特に腕時計など正確性と耐久性を求められるものに関しては、専門的な製造技術を持ったメーカーとの提携がカギとなります。

顧客ニーズに合ったものを販売できる

消費者である顧客に一番近い位置にあるのは小売店です。実際に商品を購入される動きから、顧客がどのようなものを欲しているのかが直接把握できるわけです。しかし、既存のメーカー品ではそのニーズに細かく応えることが難しくなる面もあります。
そういった場合に、より顧客目線に立った自社ブランドをプライベートブランドとして立ち上げ、そのニーズに合わせた商品の製造をメーカーに依頼できるのです。

商品供給が安定化する

メーカー側としてみると、時期や世相の流れなどの変化によってその商品が売れるか売れないかが左右されます。腕時計のように一定のニーズがあるものに関しては大きな波はないともいえますが、同業他社との競合で変化ができることもあるでしょう。
そこに小売店のプライベートブランドからのコンスタントな発注があれば、メーカーの売上が落ち込んでいるときにもそれを補てんすることができます。さらに、小売店の持つ顧客層によって今までアピールが難しかった顧客にも商品を提供できるようになるのです。

付加価値のある商品を買える

腕時計の場合は顧客ニーズが二分されるといってもよいでしょう。その顧客心理は以下のように分けられると考えることができます。

安くてよいものを買いたい

顧客は基本的にはより安くて品質の高いものを求めます。ただ安いだけで品質は二の次、または非常によいものでも割高感があるといった場合は、そのどちらも受け入れられにくくなります。OEMの形態を取って販売されるものは、メーカーの技術力を駆使した商品を小売店のブランドとして販売することで、間に入る卸売などの経路をたどる必要がありません。
結果、品質はそのままに値段を下げることに成功し、安くてよいものを求める顧客心理にマッチした商品展開ができるようになるのです。これが一般的なプライベートブランドのメリットです。

ブランドの付加価値を買いたい

安くてよいものを求める動きは、ブランドネームという位置においてはその限りではなく、高額が付けられた商品をそのブランド名ごと買うという感覚も根付いています。腕時計に関しては特にその動きが顕著で、ブランド名という付加価値に値段が付き、商品の価格として打ち出されているという商法も存在しています。
そしてそうしたブランドの付加価値を求めて購入する層も確実にいるため、この商法が成り立つのです。自社ブランドにそうした高級感のイメージを持たせることによって、そうした売り方も可能になります。


これからも注目されるOEM

OEMというビジネスモデルが一般化してきた背景は、上記のように各方面にメリットが生まれることです。それぞれが欲するところをさまざまな面からフォローできる形態であり、これを用いた販売戦略は、もちろん腕時計に限らず非常に多岐な種類に渡っています。
これからも、さらにOEM商品の流通が活発になってくることが見込まれ、既存のメーカー品とのバランスを保ちながら、小売側のブランド力がより試されるようになるでしょう。言いかえれば、小売店の自社ブランドの展開方法が競合の結果を分けるといっても過言ではありません。