Vivid Time

〜腕時計と小さな発見を伝える情報メディア〜

オリジナル腕時計製作 

腕時計 針の形状 ブランド一覧

no IMAGE

まず時計の針の呼び名がいまいちしっくりこない方も多いかと思います。

時間を示す針:時針 短針 短剣
分を示す針:分針 長針 長剣
秒を示す針:秒針

時針 分針 秒針はわかりやすいですが、 短針 長針・・・
確かに短針は短く、長針は長いですが、長針といわれても秒針も長い場合がありますし、短針があからさまに短いと思えないモデルもあります。

最近では針が針の形をして場合も増えてきました

DSC01114
 
 
 

針は時計の中でも一番目立つパーツになります。
どのような形状があり、そのデザインに関してご紹介いたします。


ブレゲ

中ほどに丸型を施したタイプ
アブラアン-ルイ・ブレゲが創設者であり
その名前がブランドとなり、また針の名前ともなる偉大な人物

ルイ16世とマリーアントワネットはブレゲの愛好家だった。

DSC01114
ブレゲ Breguet クラシック

 
 
 

リーフ

シャープな形状の中にも柔らかい雰囲気があり
複雑な時計に用いられることが多い
葉っぱのような形なのでリーフ

DSC01114
IWC ポートフィノ オートマティック

 
 
 

アロー

先端に矢印がついた力強さを感じタイプ
主にスポーツ系の多く用いられます
DSC01114
オメガ スピードマスター ブロードアロー 50周年記念モデル
 
 
 
 
 

バー

もっともシンプルなタイプ
細いタイプがバトンとも呼ばれます

DSC01114
MONDAINE ストップ・トゥ・ゴー
1986年より腕時計の製品化がスタートした『モンディーン』
遠くからでも時間を把握できるようにデザインされた目盛りと針、
スイス国鉄の正確な運行を象徴するものとしてスイス国民から親しまれているのです。
 
 
 

ペンシル

鉛筆のような形状、とがった先端がより何時を示してるのかが際立っています。
古典的にな形状のなかでも、クラッシックからカジュアルまで幅広く使われています。

DSC01114
ロンジン LONGINES コンクェスト コンクエスト
様々な形状の針で展開しているロンジン、ペンシルタイプも王道なデザインとロゴのかっこよさが際立つ
「翼を持つ砂時計」のロゴ
ロンジンのブランド名とともに1889年に商標登録され、世界知的所有権機関(WIPO)に登録されている中では最も古いものとしても知られています。

他にも
ベンツ針

ドルフィン針

ローランジュ針

等があります。

関連記事
腕時計ケースの形状 種類と有名モデル