タブーに注意!喜んでもらえる定年退職の記念品の選び方

記念品

定年退職される方への記念品

定年退職をされる方に何か記念品を差し上げる場合、どのようなものを考えるでしょう?
長年会社に貢献してきた方ですから、心に残るものを差し上げたいと思いますね。
ご本人にとってみれば「たくさんの思い出だけで充分だよ」と言われることでしょう。
そんな思い出を形にしてあげることで、記念品を用意する人たちの感謝の気持ちを込めることができます。
その記念品を見るたびに、今までの実績や苦労、うれしかったことや楽しかったことなどのさまざまなことを思い出せるような、そんな記念品を差し上げることができるといいですね。

記念品の贈り物にはタブーがある?

定年退職の記念品としては、時計やフォトフレーム、またはお酒や趣味のものなどさまざまなものがあります。
いただく方は何をもらっても喜んでくれるに違いありません。
しかし、結婚式の贈り物として、「切る」と連想させる包丁やハサミ、「割れる」を連想させるガラスや陶磁器などがタブーとされるように、目上の方への贈り物の中にはタブーとされるものがあります。
例えば、スリッパや下着などは失礼にあたる、などといった理由でタブーとされているようです。
最近では本人が喜ぶのであれば、あまりタブーなどは気にしないという風潮になっていますが、年上の方などは気にされる方もいるので、注意して選んだ方がいいでしょう。

贈り物のマナーを踏まえておきましょう

心のこもった記念品の贈り物は、贈られる方は非常にうれしいものです。
どのようなものが喜ばれる記念品なのかを見つける方法やコツを紹介しましょう。
その際に、目上の人に贈るのはタブーとされているものは何か、を知っておくことも必要なことです。
贈る方も贈られる方も、気持ちよく、また、喜ばれる記念品の贈り方というのは、どういったものなのでしょうか?

定年退職で贈る記念品

fishing-164977_640

喜ばれる記念品の贈り方

定年退職の際の贈り物として、どのようなものが喜ばれるかを検討する方法といてはどのような方法があるかというと、一つは主流のものや人気のあるもの、を参考にすることです。
記念品を専門に取り扱っている業者などに問い合わせれば、パンフレットなどを送ってくれたり、打ち合わせに来てくれたりするので、問い合わせてみるといいでしょう。
主流のものというのは、人気が高いものなので、まず間違いはないでしょう。
また、定年後も新しい職場で活躍される方や、第二の人生を謳歌される方も多いものです。
そういった方には、そこで生かせるものなどを贈るのも喜ばれるのではないでしょうか。または、趣味などに時間を使われるのであれば、その趣味に関するものを選ぶのも一つの方法です。

人気の贈り物をリサーチ

定年退職をされる方への贈り物というのは、どういったものが主流なのでしょうか?
流行や人気のある物について知っておくと参考になります。
【時計】
時計は家にいくつあっても便利なもので、記念という印象を与えやすいものです。
クリスタル時計などに名前を入れやたり、フォトフレームなどに時計がついたものなどに思い出の写真を入れて贈るのもお勧めです。
【グラス】
お酒を好む方には、焼酎グラスやビールグラス、ワイングラスなども喜ばれるものです。
中には手形を取って世界に一つだけのグラスを作ることもできます。
好みに合わせたデザインのものを選ぶのがコツです。
【ブラッシングセット】
今後も違った世界で活躍される方などや、オシャレでいつも身なりに気を遣っていらっしゃった方には、ブラッシングのセットなども素敵な贈り物となるでしょう。
【チケット】
音楽鑑賞やスポーツ観戦などの趣味がある方には、そういった種類のチケットなどもお勧めです。
または夫婦で行ける旅行券や食事券なども喜ばれるでしょう。

目上の人に贈り物をする際のマナー

気持ちよく贈り物を受け取ってもらうためにも、マナーは大切です。
贈り物の中には、目上の人に贈るのはタブーとされているものがあります。
一つはスリッパなどの履物。
足で踏む、という意味があるので、失礼にあたると言われています。
靴や靴下も同じ意味でタブー。
また、相手を低く見ていると思われやすいということから、商品券などもタブーとされています。
贈り物として人気のある時計なども、より勤勉に、と取られるということでタブーとなっています。
万年筆なども、もっと精進してください、という意味になるそうです。
また、贈り物をする時期は、通常は送別会などの時に贈るものですが、そういったもの参加できない、などといった場合は退職の1~2週間以内に贈るのがマナーです。

本人のことを考えた贈り物を

贈り物としてタブーと言われるものはありますが、時計や万年筆などは人気アイテムでもあります。
本人が喜んでくれるのであれば、必ず避けなければならない、ということではないでしょう。
大切なのは相手がいかに喜んでくれるかということです。
相手のことを考え、リサーチして心から喜んでもらえるものを贈るのが、贈り物のマナーであり、喜んでもらえるコツでしょう。

タイトルとURLをコピーしました