記念品の製作で「予算5,000円/人」… 何が作れる?

記念品

5,000円以下で記念品は製作できるのか

記念品を作成するにあたって大事なことは、予算をどのくらいに設定するかです。もちろんできれば品質の高い、高級なものをプレゼントしたいという気持ちはあるはずです。

しかし予算をはるかオーバーしてしまっては元も子もありません。中にはどうしても5,000円以下で納めないといけないケースも出てくるでしょう。

探してみると、腕時計やウッドクロックなど、5,000円以下でも作成できるいろいろなアイテムはたくさんあります。

■記念品を格安の予算で作るパターンとは

記念品の相場はどれくらい?

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

記念品を作る際には、贈る記念品の価格相場を把握しておくことが大切です。何の記念品かによって相場は大きく異なるため、まずは贈る予定の記念品の相場を確認しましょう。

シーンによって変わる記念品の価格相場

周年事業や社内表彰で社員に渡す記念品の相場は約5,000円~10,000円程度が一般的です。社内表彰でも、勤続10年や15年目になると記念品の相場の価格帯は10,000~30,000円ほどになり、勤続30年の場合にはもっと高額の記念品を用意する会社が多くあります。

退職祝いの記念品相場は、20代~30代の若い社員で4,000円~6,000円程度です。40代以上の社員の退職時には、記念品の相場が5,000~10,000万円程と少し高額になります。さらに定年退職となると、それ以上の高級品を選ぶ場合が多いです。

もちろん会社の規模や方針にもよりますので、記念品を贈る際にはシチュエーションに合う記念品相場を参考にしながら、もらった側が喜ぶような実用性の高いものを選びましょう。

漫画でわかるオリジナル腕時計の製作
オリジナルグッズ
ノベルティ
記念品

記念品を贈るシーンとは?

記念品は、会社の周年記念、創立記念、退職祝い、開店祝いなどさまざまなお祝いのシーンで贈られます。大切な日に記念品を贈ることで、記念日を祝う気持ちや感謝を伝えることができます。

記念品を贈るタイミング

社内向け記念品

会社の記念や社員の記念に対して贈るお祝いが社内向け記念品です。社内向けの記念品には、会社の周年記念や創立記念、社員表彰、勤続記念、退職祝いがあります。

周年記念・創立記念は、創立●年など、会社の周年記念のお祝いです。とくに5年、10年おきなどの節目の年にお祝いする場合が多いとされています。

社員表彰は、功績を上げるなど努力している社員をたたえるお祝いで、勤続記念は15年、20年など、会社に長い期間勤めたことのお祝いです。

そして、定年まで勤めあげた社員の退職時や転職に伴い退職する社員には、退職祝いの記念品を贈ります。

社外向け記念品

社外向けの記念品は、社外の顧客や取引先などに贈る記念品です。取引先の会社の新築祝いなどで、お世話になっている関係会社の新しい門出をお祝いする品を贈ります。

学校

学校の場合には、同窓会や保護者会に対して記念品を贈る場合があるでしょう。卒業記念や創立記念などのシーンで贈ります。

記念品は実用的なアイテムが多い

予算が安くても制作できる記念品を見てみると、より実用的なアイテムが多くなります。日用品など、普段の生活で欠かせない商品です。

スペシャル感はなくなるかもしれませんが、普段使う商品のため、もらった側も困ることがないというメリットもあります。予算が安くても、選択肢は多いですから相手の喜びそうな、必要としていそうなアイテムを探してみましょう。

5,000円以下で製作できる記念品一覧

両手鍋

自宅で料理をする人であれば、両手鍋はいかがでしょうか?煮物などさまざまな料理を作るときに欠かせませんから、もらって困るようなことはないはずです。

業者によっては3,000円程度の予算で名入れなどまで作成してくれる所もあります。機能性にこだわった両手鍋を提供している業者も見られます。

たとえば内側にはコーディングをして焦げ付きにくい構造にしていて、外側にはミラー仕上げを施すことで高級感を醸し出しています。油などを大量にしかなくても、食材が張り付くこともなく、簡単に調理ができます。

IHクッキングヒーターを自宅に導入している家庭も増えています。火を使わずに調理できるので、火事などの心配をする必要がないためです。両手鍋の中には、IH対応の種類を記念の品物として提供できるものも見られます。

ウッドクロック

ウッドクロックも3000円程度の予算があれば、記念の品として進呈は可能です。置時計は部屋にあって困るものではないはずです。しかも3,000円程度の予算でも、インテリアとしてけっこうおしゃれな商品もあります。

たとえば、パズルのようなフォルムをした置時計を提供している業者も見られます。立体感があって、しかもコンパクトサイズなのでリビングやデスクなどどのような所でも手軽に置けてコーディネートができます。

クリアギフトボックスに入れてくれるので、記念の商品であることを渡す相手にも印象付けられるでしょう。

充電式AM/FMラジオ

予算の限られている中で記念の品物を渡したいのであれば、充電式AM/FMラジオも喜ばれるかもしれません。東日本大震災を機に、情報収集のためラジオが重要なツールになることが改めて多くの人に知らしめました。

電気が途絶えると、パソコンもテレビも使用できなくなります。またケータイやスマホに関しても通信規制が入ることでなかなかアクセスできない状態になりました。

充電式AM/FMラジオがあれば、このような緊急事態でも正確な情報を集められ、的確な行動がとりやすくなります。手回しで充電できるため、電池切れしてしまっても大丈夫です。実用性の高いものを渡したいのであれば、意外とおすすめのアイテムといえます。

ネーム印

日本でビジネスなどをするときに、印鑑の押印が求められるケースも多いはずです。そこで記念の品物として、ネーム印を渡すのもけっこう実用的なはずです。こちらも名入れなどのオリジナル商品にしても、3,000円台の予算で納めることが可能です。

中にはいろいろなカラーバリエーションを提供しているネーム印もあって、相手の好みの色で制作依頼することも可能です。キャップの開閉をスライド式にしていて、簡単に捺印できるように工夫されている商品もあります。

ビジネスでもプライベートでも、エレガントに印鑑を使いこなしたい人におすすめの商品といえます。

腕時計

腕時計は記念の品物を進呈するときに定番のアイテムの一つです。老若男女、腕時計があって困ることはまずないはずです。

腕時計というと、予算もそれなりにかかってしまうのではないか、と思う人もいるでしょう。しかしデジタル腕時計であれば、名入れなどを行っても3,500円程度で抑えることも可能です。最近のデジタル腕時計の中には、時計機能以外の機能を搭載しているものもあります。

たとえば、歩数計機能をつけている腕時計も記念の品物として進呈できます。歩くことは健康を維持するために必要とされていて、最近では歩数計をつけて外出する人も多いです。

予算が少なくてもいろいろな商品がある

このようにたとえ予算が少なかったとしても、購入できる商品の選択肢はいろいろとあります。そこでまずは、記念の品物を提供している業者にアクセスして、どのような商品があるかチェックしてみましょう。

上記で紹介したアイテムの他にもいろいろな商品があります。その中でもらった相手が喜びそうなものをピックアップしてみることが大事です。

名入れやラッピングなどで特別感を出そう

名入れ

ボールペンやお酒、グラスなどの品物に名前を刻印する名入れサービスを利用して、記念品に名入れをして贈ることもできます。

名前を刻んだ贈り物は、世界に一つだけの品として相手から喜ばれやすいでしょう。業者によっては名入れ無料の所もあるので、予算に困ることなく名前の入った特別感のある品物をプレゼントできます。

のしやラッピング

のし紙やラッピングをするとプレゼントがより豪華になります。お祝い用の紅白の水引を用いたのし紙を使ったり、華やかなラッピングをしたりしてから記念品を贈ると良いです。

ラッピングサービスが無料の商品もあるので、目的に合うラッピングを選ぶことも可能です。予算や目的に合わせて、良い品物をよく探してみましょう。

記念品で重要なのは、価格ではなく気持ち

皆さんも経験あるでしょうが、相手がプレゼントしてくれるその行為だけで心は満たされるものです。予算の多少ではなく、相手に記念の品物を渡すことの方が大事だと思いましょう。

(まとめ)記念品の製作で「予算5,000円/人」…何が作れる?

記念品は、贈るシチュエーションによってその価格相場が異なります。周年事業や社員への記念品、退職祝いなど、記念品の種類に応じて適した相場の品物を贈ることが大切です。

予算が安くても制作できる記念品はたくさんあるので、相手が喜ぶ実用的なアイテムから探してみましょう。実用的なアイテムでも、名入れによって他にはない特別感を出せます。

記念品におすすめの名入れやのし紙、ラッピングにも無料サービスはあるので、よく探して予算と目的に適した記念品を選んでください。

■3000円で高級感があるノベルティを製作するコツ

タイトルとURLをコピーしました