部活を引退する先輩向けのプレゼント・記念品を紹介

記念品

部活の先輩に記念品のプレゼントを進呈する

クラブ活動でお世話になった先輩が、卒業することになって部活を引退するとします。
いままでいろいろと面倒を見てもらった先輩に対して、後輩としてささやかながらも感謝の気持ちを伝えることがあっても良いでしょう。
そこで部活の先輩に対して、記念品を渡してみるのはいかがですか?
DVDアルバムやメモリアル楯、タオルなど、いままでのクラブ活動の思い出がこもった品物、今までのことを決して将来にわたって忘れないようにする記念品を渡せば先輩もきっと喜んでくれるはずです。

オリジナルのアイテムで記念の印象を色濃く

ありきたりのものをプレゼントするのではなく、せっかくですから思い出に残りやすくするために、オリジナルグッズを渡すと良いでしょう。
実際このようなオリジナルグッズをオーダーメイドで作ってくれる業者もたくさんあります。
DVDや写真のような、今までの思い出を形にしたアイテムも高い人気があります。
■お祝いの記念品選びに困っていませんか?

漫画でわかるオリジナル腕時計の製作
オリジナルグッズ
ノベルティ
記念品

部活引退の記念品・プレゼントおすすめ一覧

aeccc7747a23e532cd525c3c31eaee99_s

手作りDVDアルバム

いままでのクラブ活動における活躍をDVDにして形に残るのはいい記念の品物となるはずです。
業者でこのような手作りDVDアルバムを作ってくれるところもありますが、依頼するとそれなりに予算がかかってしまいます。
しかし自分たちで制作すれば、コストも安く思い出の品物を制作できます。
自分たちで制作できるのか不安という人もいるでしょう。
パソコンをある程度使いこなせる人であれば、作成するのは可能です。
パソコンで画像や動画を編集します。
それをDVDに焼きます。
DVDケースを購入して、インデックスカードや表紙をパソコンで作成すれば完成します。
DVDアルバムを作る方法は、WEBサイトでもいくつか紹介されていますから、こちらも参考にすると良いでしょう。

ガラス製メモリアル楯

ガラス製メモリアル楯は、クラブのメンバーとの記念写真を直接ガラスにプリントアウトします。
仕上がりは結構おしゃれですから、もらう先輩もきっと喜んでくれるはずです。
画像の他にも、運動部であればそれぞれの先輩の背番号を入れるとか、役職名のある人だったらその役職名を入れる、チーム名をアレンジするなどすれば、さらにオンリーワンの感じが高まります。
日本語よりも英語で記載した方が、カッコよさも引き立つはずです。

オリジナルタオル

引退する先輩に贈るアイテムとして、オリジナルタオルも結構高い人気があります。
体育会系であれば、チームのネームやマークなどをあしらったタオルなどが良いでしょう。
タオルの良いところは、実用性が高いのでもらった人のほとんどがもらって困ることのない点です。
オリジナルタオルの制作に対応している業者も多いです。
予算を少しでも安く上げたいと思うのであれば、全員一緒のデザインにするとか、使う色数を少なくするなどの工夫をしましょう。

サインボール

野球やサッカー、バスケットボール、バレーボールなどの球技系のクラブ活動にはおすすめの方法です。
ボールに後輩たちのメッセージを寄せ書き風にして書き残して、先輩にプレゼントする方法です。
色紙などに寄せ書きをする方法もありますが、球面の方が見ごたえがあります。
また自分が何年も使ってきたものであれば、愛着や感慨もひとしおのはずです。
スポーツ店などでも対応していて、中には学割に対応している店舗もありますからチェックしてみると良いでしょう。
ちなみに運動系以外であれば、音楽関連だと楽譜や楽器のフィギュアに書き込むのがおすすめです。
料理系のクラブなら料理フィギュア、演劇クラブなら台本、写真部ならトイカメラといった感じでそのクラブならではのアイテムに寄せ書きする方法がおすすめです。

オリジナルアルバム

卒業記念に学校からアルバムをもらうケースは多いです。
しかし学校の卒業アルバムの場合、全学年の生徒が対象になるため、個人で映っているものは少ないです。
そこでクラブでオリジナルアルバムを作ってみませんか?
そうすれば、けっこうそれぞれのメンバーの写っている写真が多くなって、より思い出深いアルバムとなるでしょう。
いろいろなタイプのアルバムがありますが、マイブックは自由度も高く、仕上がりもきれいです。
初心者でも比較的簡単にしっかりとしたオリジナルアルバムを作成可能です。

お金がかかるのでは?

上で紹介した記念のアイテムを作成するにあたって、お金もそれなりにかかってしまうのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし思っているよりもお金はかかりません。
オリジナルタオルでもかかって3000円程度です。
自分でDVDを作成するとなると、500円程度の予算で作れます。
無理のない範囲で記念の品物を制作することは十分可能です。
■記念品を格安の値段で作るパターンとは

しばらくあえなくなることを考えて

もしかすると卒業後、しばらく先輩とは会えなくなる可能性も考えられます。
そこで思いのこもったプレゼントを渡して、いつまでも部のことを記憶にとどめてもらえるように工夫しましょう。

タイトルとURLをコピーしました