【子供向け・先生向け】卒園記念品の選び方とポイント

記念品

幼稚園・保育園の卒園記念品とは?

まずは、幼稚園・保育園の卒園記念品はどんなときに必要となるのか、卒園記念品はなんのために贈られるのかを確認しましょう。

幼稚園や保育園の卒園式で用意される記念ギフト

卒園式で用意する記念ギフトは、子供達の卒園を祝うために贈られる記念の品です。園生活で開催された行事で撮った写真などを使った、思い出になるアイテムが贈られる場合が多いでしょう。

「幼稚園・保育園から」子供や保護者に贈るギフト

幼稚園・保育園から、卒園する子供達や保護者に贈る記念品もあります。子供達が受け取る卒園記念品は、園での生活や行事の写真をまとめた卒園アルバムが定番です。

先生達から子供へのメッセージが書き込まれている場合もあります。

「保護者から」幼稚園・保育園、子供に贈るギフト

保護者から幼稚園・保育園、子供に対して記念品を贈る場合もあります。保護者がアイディアを出し合い、記念品を準備して先生方へ感謝の気持ちを込めて先生方へ贈ります。

卒園記念品を選ぶときに注意したいポイント

卒園記念品には実用的なアイテムや子供が喜ぶもの、先生が喜ぶものなどがおすすめです。喜ばれるプレゼントにするためには、さまざまなポイントに気をつける必要があります。

注意したいポイントについて確認しておきましょう。

実用的なアイテム

卒園後必要になる筆記用具や辞典、折り畳み傘など実用的なアイテムは、小学校に入ってからも長く使えます。名前が入っているアイテムだと、子供が失くしにくいので重宝されます。

子供が喜ぶアイテム

子供達に贈る卒園記念品は、子供達の写真や似顔絵を使用した、オリジナリティがあるアイテムがおすすめです。幼稚園や保育園の思い出を残せるものを選んでください。

先生が喜ぶ記念品

先生に贈る記念品は、保護者間で相談して予算を決めてプレゼントを選ぶことになります。プレゼントの価格は各家庭の負担にならない程度で設定し、先生の印象に残りやすい喜ばれるプレゼントを選びましょう。

漫画でわかるオリジナル腕時計の製作
オリジナルグッズ
ノベルティ
記念品

保護者から子供へ贈るおすすめの卒園記念品

保護者から子供へ贈る卒園記念品には、マグカップ、鉛筆、キーホルダーなど実用的なものがおすすめです。入学してからも長く使ってもらえるものにはどんなものがあるのかご紹介します。

マグカップ

マグカップは、保育園や幼稚園の思い出の写真、イラストを印刷できるアイテムです。写真入りやイラストをプリントできるだけではなく、子供が描いた絵や名前、メッセージなども書き込めるので、思い出に残る記念品を作ることができます。

鉛筆

小学校に入学してから使うことになる鉛筆は、実用的な人気アイテムです。各ブランドからも、卒園記念に喜ばれる鉛筆が販売されています。

名前やイニシャルなどを入れたものは特別感があり、入学準備で鉛筆一本一本に名前を記入する手間が省けるという特徴もあり、多くの方に喜ばれやすいアイテムです。

キーホルダー

キーホルダーは、家の鍵につけたりバッグにつけたりなど、小学校に入ってからよく持ち歩くものにつけてられます。学校へ行くときや習い事、遊びに行くときにも使えるでしょう。

思い出に残るデザインや、名前が入ったアイテムは思い出に残り便利に使えます。

上質な箸は節目の時期のお祝いにぴったりです。かわいいモチーフがついた箸や名入りの箸など、記念品として喜ばれます。箸の使い方に慣れてきた頃に使わせたい実用的な品物です。

防犯ブザー

小学生は登下校や習い事、公園などへ1人で出かけるようになります。外出する子供に常に防犯ブザーを持たせていると、親も安心できるでしょう。

防犯ブザーは子供の安全を願う気持ちが伝わる、実用的な記念品として人気のアイテムです。

腕時計

卒園記念におすすめの記念品の中でも、腕時計は珍しさがあり実用性を兼ねたアイテムです。腕につけられるので、子供が元気に外で遊んでいても邪魔になりにくいです。少し背伸びをしたい子供心をくすぐる記念品となっています。

お世話になった先生へ贈るおすすめの卒園記念品

先生へ贈る記念品には、ハンカチやエプロン、マグカップなど実用的なものや思い出に残るものがおすすめです。人気の記念品や一般的な予算など、選び方のポイントを見ていきましょう。

先生へプレゼントするおすすめのアイテム

エプロン

幼稚園や保育園の先生にとって、仕事で使うエプロンは実用性の高いアイテムのひとつです。園で決められているエプロンがない場合には、卒園記念品として人気があります。

イニシャルや名前を入れることで思い出に残るプレゼントになるでしょう。

ハンカチ

ハンカチは日常的に使うものなので、何枚あっても困りません。走り回る園児と一緒にいる先生には、かわいいハンカチや上質なハンカチが喜ばれます。

トートバッグ

買い物や通勤に便利なトートバッグもおすすめです。デザインや色、文字を入れられるため、シンプルなタイプから楽しいタイプまで幅広い種類から選ぶことができます。

トートバッグは園への通勤やお出かけにも便利に使えます。

お花

お花は喜んでもらえるプレゼントの定番アイテムです。フラワーアレンジメントなどのそのまま飾れるお花は、持ち帰る際の負担も小さく、持ち帰った後の手間もかかりません。

園児とおそろいのマグカップなど

園児に写真やイラストをプリントしたマグカップなどの記念品をプレゼントするときに、先生におそろいのオリジナルグッズを贈るのもおすすめです。子供達との思い出が蘇る、他にはない記念品になるでしょう。

予算は?

先生に贈る卒園記念品の予算は、500~5,000円位までの範囲が一般的です。園によっては先生への記念品の予算を設定している場合もあるので、予算設定で迷わずにすむかもしれません。

園ごとに予算額は大きく変わります。予算内で購入できる、普段から使ってもらえそうな実用品を選ぶのがおすすめです。

子供達が出来る!先生へ感謝を伝えるプレゼント

卒園記念品では、子供達が作るオリジナルのプレゼントも先生に喜んでもらえるものになるでしょう。以下では、子供達にも作れるプレゼントの特徴もご紹介します。

子供達が作れるプレゼントとは?

歌のプレゼント

卒園式で子供達が先生のために歌う歌のプレゼントも定番です。子供達の感謝の気持ちが先生に伝わって、いつまでも思い出に残せるでしょう。

メッセージカードや色紙

子供達からのメッセージを書き込み、写真を張り付けたメッセージカードや色紙は、気持ちのこもった人気の贈り物です。子供達の作った折り紙やイラスト、写真などで、オリジナリティのあるプレゼントを作ることができます。

お手紙

子供達から先生への手紙は、一生懸命書いた文字が心にひびくプレゼントです。子供達の手作りのポップアップ風のメッセージカードなどを使ってみるなど、工夫してみてください。

(まとめ)卒園記念品の選び方とポイント

卒園記念品には、卒業式のときに準備される記念品があります。園から子供や保護者に贈る記念品、保護者から園の先生に贈る記念品、保護者から子供に贈る記念品などが主な卒園記念品です。

卒園記念の品は、小学校でも使える実用的なアイテムや、記念品を受け取る子供、先生が喜ぶものを選ぶといいでしょう。子供や先生への記念品は、いつまでも長く使ってもらえるもの、思い出に残るものがおすすめです。

先生へのプレゼントは、園によって予算が異なる場合があります。プレゼントを選ぶときには、適した予算内に収めてください。

予算がほとんどかからないプレゼントには、子供達で作れるメッセージカード、歌のプレゼントなどもあります。保護者の方々で協力して卒業を祝う素敵な記念品を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました