ビジネスシーンで喜ばれる高級周年記念品

記念品

オリジナル腕時計による製作事例はこちら

周年記念に用いられる周年記念品とは

企業や組織などで行う式典やイベント、または職員の節目の際などには、ビジネスにも役立つ記念品が贈られることがよくあります。不特定多数に配るなら比較的安価なものを、退職祝いなど個人の節目の際には今後も長く使える高級品を贈ることが多く、企業や組織からの感謝の気持ちをさまざまな形で表すことができます。

また、組織単位ではなく個人としても、就職祝いなどの際にはこれからのビジネスシーンに活躍しそうな品物を贈ることが多いでしょう。それは、新しい門出を祝うための激励の気持ちが十分に含まれた贈り物であるはずです。

では、そのようなシーンではどんな品物が主に選ばれているのでしょうか。贈呈する立場や状況、贈る相手などにもよってそれは変わってきます。

周年記念とは?

周年記念とは、会社の創業や設立から何年経ったかを祝うお祝いのことです。創立日、設立日を起点として、経過した年数を数えて記念日を祝います。周年記念は会社だけで行われるものではありません。学校の創立記念や周年記念で式典が行われる場合もあります。

そのほか、会社の周年記念に社員に対して感謝やねぎらいの言葉を伝えたり、社員の勤続記念表彰などを行ったりする場合もあるでしょう。さらに定年を迎えた社員の退職祝いなど、大きな節目を迎える社員への対応により、モチベーションアップにもつながります。

周年記念にはイベントを開催することが多いですが、社内的なイベントとしてよりも取引先を招いて祝賀会などを開き、親睦を図ることを目的とする事業戦略の1つでもあります。

会社や組織の節目にはたくさんの方に感謝を

例えば、企業や団体の創立記念や周年記念、また竣工記念などいくつかある節目の中で、それぞれの組織の中では、この歩みの中でお世話になってきた職員や関係者各位、また取引先各位に感謝の気持ちを伝えるとともに、その組織の歩みを長く刻みつけたいという思いがあることでしょう。

そうした記念の行事やイベントを取り行う際には、出席した全ての方々に心ばかりの品物を贈りたいものです。多数の方に記念品を贈りたい場合は、粗品のようにちょっとコンパクトで日常的に使えるものに組織名などを入れて配布すると良いでしょう。

また、特定の方に記念品を贈りたい場合や大量に配布しない場合には、インテリアともなって長く残すことができる盾や時計などに名前を入れて贈ることもあります。

記念品を贈るメリット

創立記念や周年記念などのイベントで記念品を贈ることで、贈る相手や場合により企業のさまざまなメリットにつながります。記念品にどのような働きがあるのか、実際にどんなメリットが得られるのかをご紹介します。

企業のPR活動につながる

イベントでは企業のこれまでの活動を発表する場を設けるため、取引先に企業活動のアピールも行われるでしょう。来場者に企業の名前が入った名入れギフトをお渡しすることで、周年記念品が企業の活動についての記憶を長くとどめてくれます。

顧客や取引先との関係を深める

配布する記念品は、取引先にこれまでの良好な関係を感謝するための有効なツールにもなります。実用性が高く特別感のある記念品は、感謝の気持ちが伝わりやすくどんなお客様にも喜んでもらえるでしょう。

社員のモチベーションをアップさせる

周年記念イベントの際に周年記念品を贈呈すると、式典が華やぎます。また、社員が喜ぶ記念品を贈ることにより、モチベーションアップにもつながります。

漫画でわかるオリジナル腕時計の製作
オリジナルグッズ
ノベルティ
記念品

個人への記念品は高級感があり長く使えるものを

退職記念などを組織から贈る場合には、比較的高価で質の良い品物がよく選ばれます。これまで長年会社に尽力していただいた感謝の気持ちと、これからの人生を有意義に過ごしていただきたいという思いをその記念品に込めて組織から個人に贈られるのです。

また、個人から個人に贈る記念品として、ビジネスアイテムがよく選ばれるのはやはり就職祝いのときです。これから新しい門出を迎える方に対して、ビジネスで役に立ちそうな良質のものを贈り、今後の活躍を激励するわけです。

こうした個人への思いを表し、これから歩む人生のお供としてほしいという思いから、そうした高級品が個人向けに選ばれます。

個人へのプレゼントには名入れギフトが人気

退職記念のような個人へのお祝いの品は、世界に1つだけのプレゼントです。一般的な記念品と比べて記憶に残りやすいものとして、人気の品物に名前を刻んだ名入れギフトを選択する方が多いでしょう。

質の高い時計やボールペンなどのいつも身につけるものや、部屋に置く置物、グラスなどの食器類にも名入れは可能です。お祝いの気持ちを伝えやすく、見るたびにお祝い時の記憶が蘇るギフトに人気が集まっています。

周年記念の式典やイベントそれぞれのシーンに適した記念品

note-376397_640

ビジネスシーンで使用される記念品には、それぞれの場面で適したものがあります。主に用いられているものとはどのようなものでしょうか。

周年記念・創立記念

このような場面に用いる記念品は、社内の職員もしくは取引先など関係者に配布するものですから、日常的に使えてしかも比較的安価に配れるものがよいでしょう。主に使用されるのは以下のようなものです。

卓上時計

ステーショナリー各種

ボールペンや手帳、名刺入れなど

文具系の価格帯は500円~2,000円程度が多い

ボールペンや手帳などの文房具類は、オフィスで使うことができるため多くの方に喜ばれるギフトです。ベーシックなデザインからオシャレなデザインまで幅広いアイテムから選べます。カレンダーはオフィスに飾られることもあるおすすめアイテムですが、作成時期には注意が必要です。

腕時計

腕時計も、名前やお祝い年月などを入れて名入れギフトにすることができます。カジュアルなものから高級品、女性用まで幅広く商品が揃っているところも選びやすいポイントです。

小型食器類

タンブラーやドリンクボトル、ボウルセットなど

マグやボトル類も実用的で人気

有名メーカーの製品の場合には少し高額になりますが、ステンレスのマグやドリンクボトルなどの実用的な小型食器類も人気があります。あると便利で使い勝手の良い品物なので、多くの場合で喜んでもらえるでしょう。

折りたたみ傘

 

各種式典・イベントノベルティグッズ

自社内はもちろん、取引先を招待してのイベントでは、景品として品物を用意することもあります。
ちょっと高価でプレミア感のあるものを選ぶとよいでしょう。

家電品

掃除機・空気清浄機・電子ケトルなど

置時計・電波時計

クリスタル素材や木製など高級感のあるもの

電波時計は自動的に時刻やカレンダー修正機能を持った機能時計

置時計・電波時計は、生活に欠かせないものです。いつも正しい時刻を示す電波時計や、忘れがちな日付を確認できるカレンダー機能を持つ時計は歓迎されやすいでしょう。落ち着いたデザインのものが多いことから、特にミドル世代以上に人気の高い品物です。

高級食器セット

有名ブランドのセット食器、グラスセットなど

タオルセット

バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルなどの詰め合わせ

各家庭で必需品なので喜ばれる贈り物

タオルはどのご家庭でも毎日使うものです。有名ブランドのタオルセットは肌触りが良く使い心地が良いため、喜ばれるギフトの1つです。タオルは消耗品なので、たとえギフトが他の人とかぶったとしても困ることはないでしょう。

 

退職祝い・永年勤続記念

長年組織のために勤続した職員個人の節目に贈るものです。多大なる感謝の気持ちと第二の人生のために、厳選した高級品を選ばれることが多くあります。

高級ボールペン・万年筆

有名ブランドや蒔絵仕様のものなど

長く使えるもので日常使いもできるので思い出の品にぴったり

クリスタル時計・盾

高級感あるインテリアとして

高級ブランドのキッチングッズ

鍋や各種調理器具など

高級グラスセット

特にペアのもの

周年記念に名入れをする

こうしたビジネスで使用する記念品には、社名や個人名などを名入れしてくれるサービスを行っているショップもあります。商品の代金に加えて名入れ料金がかかってきますが、この工程によって日常のお役立ちグッズや高級感あふれる品物にオリジナリティを持たせることができるのです。

印刷方法はその品物によって変わってきますが、シルク印刷や転写印刷、シールといった方法から、特にクリスタル製品ではレーザー彫刻を施して本体を彫ることで名入れを行えます。その方法によって使用できる色が異なったり、仕上がりがかなり違った印象になったりすることもあるため、仕上がりについては発注時によく確認しておきましょう。

名入れ記念品の発注の流れ

名入れ記念品を発注するときには、発注時にきちんと予算や希望を伝えましょう。以下のように確認しながら注文することで、注文時に必要なことを正しく伝えられます。

1.予算を確認する

名入れ記念品を発注するときには、頼みたい「商品の代金」にプラスしてロゴや文字を入れる「印刷費用」、のし、包装などにかかる「ラッピング費用」がかかります。ほかにも会場までの配送費用がかかる場合もあります。

後から予算オーバーに気づいて慌てることがないよう、事前に制作会社に見積もりを依頼してトータルでかかる費用や注文内容まで把握することが大切です。

2.数を確認する

特に数が少ない注文をする場合、会社によっては小ロットの注文を受けていない場合もあるので、注文までに数を確認しておきましょう。

3.納期・納品場所を決める

記念式典に直接届けてもらうか事前に受け取っておく必要があるかを決め、納期や納品場所も確認しておきます。注文から納期まで、制作にかかる期間に無理がないか把握しましょう。

4.のし・包装・メッセージカードなどを決める

のしや包装などにはどんなタイプがあるかを確認し、渡す方の性別や年齢、費用などから、どれにするかを決めておきます。

5.発注する

事前に決めておいた希望を注文時にしっかり伝えましょう。

オリジナル腕時計による製作事例はこちら

(まとめ)ビジネスシーンで喜ばれる高級周年記念品

ビジネスシーンでは、周年記念などに記念式典を開いてイベントで渡す周年記念品や、社員の勤続記念表彰で渡す周年記念品などを渡す機会があります。周年記念品は相手に感謝の気持ちを伝え、お祝いの思い出を残すことができるギフトです。

相手に喜んでもらえるものを、特別感のある名入れギフトにするケースが多いでしょう。名入れギフトには、文房具、腕時計、小型食器、家電、タオルセットなどさまざまな種類があります。相手の喜ぶ顔を考えながら、素敵なギフトを選んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました