【保存版】ノベルティを製作・配布するメリットや目的は?

ノベルティ

ノベルティを製作する目的と効果

ノベルティの製作は、展示会やイベントなどで取引先や顧客に会社を宣伝することなどを目的として行います。会社名やロゴの入ったオリジナルグッズは、イベント後にも会社の宣伝に役立つでしょう。

会社名やロゴなどを名入れしたオリジナルグッズは、会社名や商品名、その魅力などを印象付けることができます。普段から使えるグッズを作ると消費者や顧客に身近に感じてもらえるため、他の競合他社に差をつけられることにもつながるでしょう。

展示会やイベントなどで、販促品として会社のオリジナルグッズを配ることも会社の宣伝になり、会社の認知度アップや商品購入のきっかけになります。

ノベルティを配布するメリット

最近ではちょっとしたアンケートに答えると企業のチラシがクリアファイルに入ったものをもらえたり、さらにボールペンやティッシュなどまでついていたりすることが多くなってきました。

そしてチラシと一緒に受け取ったノベルティに、企業の名前など情報が印刷されていることも多いでしょう。

しかし宣伝用だからと言って質にこだわっていないかと言えばそうではなく、文具メーカーが作った質の良いものなどであることが一般的。しかし、良質なものを配布するとなれば、ただチラシを印刷した場合と比較するとかける費用はかなり大きなものになります。

ただ紙1枚のチラシを配布するだけではなく、企業側が費用をかけてまでノベルティグッズを作り積極的に渡すメリットはどこにあるのでしょうか。

企業の名前を知ってもらうきっかけになる

企業や会社などが制作して配っているノベルティグッズには、その企業の名前やロゴ、所在地やホームページ、取扱い内容といった情報が掲載されていることが多いです。

しかし、受け取った側は、決してその情報が欲しくて手に取ったわけではないでしょう。

例えばボールペン1本では情報を載せられる面積が狭いですが、それでも企業名やブランド名、ホームページアドレスさえ印刷することができれば十分と言えます。

というのも、その名称がぼんやりとでも印象に残っていて、ふとした時に思い出したりホームページを目にしてもらえたりするかもしれないからです。

このきっかけをつかむことを企業は求めているため、費用をかけてでも手に取ってもらえるものを作って宣伝に使用しています。

名前を知ってほしい、企業や商品の認知度を上げたいというのなら、テレビや雑誌のCM広告に出せば良いのでは、と思われるかもしれません。

しかし、それではそのCMが流れている期間しか宣伝効果が続きません。そして費用も高額なため、手を出せない企業や会社も少なくないのです。

希少価値のあるアイテムで顧客の満足度UP

ノベルティやオリジナルグッズは店で購入できません。珍しいグッズや利便性のあるグッズをノベルティとして配布すると、消費者から反響がありSNSで情報が拡散されやすいです。

オリジナルグッズが有名になるとグッズ自体の希少価値が高まり、会社の認知度向上にもつながります。名入れのアイテムは消費者の印象に残りやすく、会社の良いイメージ作りにも役立ちます。

人気の高いオリジナルグッズを配布することで、顧客満足度のアップも望めるでしょう。

配布対象を限定でき、宣伝効果が高い

ノベルティは基本的に会社の顧客に対して配布する目的で作ります。会社の商品に対してターゲット層は決まっているため、ターゲット層のニーズに合うようにグッズを製作すると良いでしょう。

ノベルティは広告宣伝を目的として配布するものなので、受け取る相手に会社を認知してもらうためには名入れが重要となります。名入れグッズによってブランドイメージや企業イメージの宣伝効果も得られます。

企業のイメージ作りや宣伝につながるオリジナルグッズは、印象に残るものがおすすめです。オリジナル感があり他に差をつけられるデザインのノベルティで、顧客に効率よくアプローチできます。

漫画でわかるオリジナル腕時計の製作
オリジナルグッズ
ノベルティ
記念品

満足度の高いノベルティを作るポイント

配布するターゲット層を設定

まずは配布するターゲット層を把握し、その人たちが好むグッズは何かをリサーチします。

例えば主婦層であれば日用雑貨、そしてビジネスマン層ならボールペンやペンスタンドなど、学生ならクリアファイルあたりが好まれるのではないでしょうか。

子供向けにお菓子や簡単なおもちゃを用意する場合もあります。ニーズに合ったノベルティを製作することで、生活の中に取り入れてもらい、企業やブランド名の認知度向上につながります。

実用性のあるノベルティグッズを選定

ノベルティグッズを製作しても、実際に使われないと宣伝にはなりません。目に入る場所に置かれ、何度も使ってもらえると販促品として十分に役立ちます。

使っているうちに何度も会社名が目に入ると、消費者の印象に残りやすくなります。ノベルティグッズには、自分ではわざわざ買わないけれど、あると便利でつい使ってしまうようなものがおすすめです。

必要な数量を確保するための予算と納期の調整

そして来場者数予測や配布期間に合わせて個数を考え、予算をたてましょう。

ここで注意したいのは、質を重視するあまり1個あたりが高額になることと、サンプルが請求できるのであれば事前に入手しておくことです。

1個あたりが高額になってしまうことで、予算を大幅にオーバーしてしまうことがあるのです。また、サンプルを事前にもらうことで製作日数を把握できます。

定番ノベルティグッズのメリット・デメリット

ポケットティッシュ

誰にでも手に取ってもらえる便利なグッズで単価も安くすむのが特長。ですが、よくあるグッズである上に使い終わるまでの期間が短くすぐに捨てられてしまうことも。

ペーパーバッグ

カタログや資料などをいくつか持ち帰ってもらう時には喜ばれるグッズ。デザインや耐久性によってはその後使われないこともあります。

ボールペンなどの文房具

取引先に渡す場合も喜ばれるのが文房具で、職場でも使ってもらうことが期待できます。ただし、ある程度の費用をかけて質の良いものを作りましょう。またかっこいいデザインや人気の文房具をチョイスすることも注目されるポイント。

タオル

会社では給湯室、家庭では手洗い場などあらゆる所にかけられているタオル。日常生活の中でも目にする機会の多いものです。しかし家庭によっては同じようなタオルをたくさんもらっている場合があり、そうなると収納庫の奥へしまっておかれる可能性も。

ノベルティは宣伝効果が高いというメリットがある

もし、ただのチラシであれば一読してそのまま処分される可能性が高いもの。

しかし、実際に使える商品に広告が載せられることで、まず捨てるまでに時間がおかれるようになります。そして使っているうち何度もそれを目にしてもらう機会ができるでしょう。

例えば身近な所では、いつも取っている新聞店から年末になると来年のカレンダーを受け取ることはないでしょうか。

特にカレンダーは1年中壁にはって使われるため、とても長い間その企業などの名前を何度も目にすることになります。

さらに、その人の家を訪れた友人や知人の目にもとまる機会が出てきます。するとそのカレンダーはあらゆる人の目にとまり、企業の宣伝となるのです。

このように、ノベルティが便利で使いたくなるものであるほど、受け取った人に長く使ってもらえ、企業アピールが自然と続けられるメリットになるのです。

(まとめ)【保存版】ノベルティを製作・配布するメリットや目的は?

会社名や会社のロゴなどが入ったノベルティは、展示会やイベントなどで配布することにより消費者や顧客に会社の宣伝をする目的で作られます。ノベルティグッズは使ってもらうほど宣伝効果が高まるため、利便性が高く質の高いグッズ、珍しいグッズなど、消費者に喜ばれるものがおすすめです。

会社の顧客層などターゲットを絞ってニーズに合ったノベルティを製作することで、消費者の印象に残る満足度の高いノベルティグッズが作れるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました