社員表彰、事業達成記念向けオリジナル時計の制作事例

大きな功績を残した社員、月間、年間などで成績優秀だった社員、賞を獲ったり、社内評価が高かったり、社員の表彰は当人も含めまわりの社員にも影響が大きいと言えるでしょう。 マズローを欲求5段階説のどの段階になるのかわかりませんが、生理的欲求 安全の欲求、社会的欲求を経て、表彰されたときには間違いなく、承認欲求はみたされ、またその成績や成し遂げた事が自分で立てた目標なら自己実現欲求も満たされるわけで、会社にとってはいいことづくめとなり、経験を積んでもらった社員は次回に期待もでるし、またまわりの社員も評価されたいと頑張る事でしょう。そんないい事づくめの記念を形に残さない手はありません、数あるアイテムの中で記念に腕時計の制作事例を紹介いたします。

周年記念品のオリジナル時計の特徴

社員表彰の時に送られるものとしては、営業マンであればネクタイ、事務などの内勤の方であれば、実用性のある、デスクまわりのアイテム、また誰もが喜ぶのは旅行券だったりします、その中でオリジナルの腕時計を制作して贈る思いとしては、やはり身に着けてもらいたい、いつまでもあの時の功績を忘れずにいてほしい、そしてあの時のような結果を残してほしいという気持ちからくると思います。 その中で会社から送られる腕時計の利用率を上げるための工夫としてはやはり会社で制作された感をどれだけなくせるのかが重要となっております。 現在では古い話になってしまうかもしれませんが、男性にとって腕時計とは「唯一のアクセサリー」と言われております、ですので腕時計の価値が自分の価値とまではいいませんが、いい時計を身に着ける事はあこがれでもあり、ステータスになっている事もあります。また女性にとってもアクセサリーの一つとして、普段どのようなコーディネートをしているのかによって腕時計のタイプも変わっていきます、装飾が多めにゴージャスな時計や、素材にこだわったエレガントな時計、パーティ用のジュエリータイプの物など幅も広くあります。 腕時計はやはり自分が一番つけたい希望の物手に入れたいと思う中、会社からオリジナルでの腕時計はつける機会は少ないかもしれません。 しかしながら、自分のステータスとしての腕時計、自分のファッションにあった腕時計はあれど、贈呈していただいた腕時計がオシャレであり、普段の業務で使い勝手がいい場合はつける事にデメリットはありません。 ここで オシャレである事 つまり会社で制作された感をどれだけなくせるのかというお話になってきます。 大雑排に言ってしまえば、どんなに愛社精神があったとしても、会社のロゴが文字盤いっぱいに描かれた時計はかっこ悪いです、また「株式会社〇〇〇〇」などが印字された腕時計などは見た目的に問題があると思います。理想としてはいい時計をしていると思わせて「実はこれ うちの会社のオリジナルで作った腕時計なんですよ」という形が好ましいと思います。 コーポレートカラーは使いつつ、さりげないロゴの印字、メイン商品のシルエットがほんのりと背景になっている、「ROLEXのオマージュでRELAX」「フランクミュラーのオマージュでフランク三浦」があったように 仮に 「石川材料株式会社」みたいな社名であれば 「Ishikawa Material Corporetion」となり 頭文字の IMCを 腕時計ブランド IWCをオマージュした形でデザインを組んんでみても面白いと思います。 社員表彰や周年記念にでもそうですが、やはり贈った社員にはつけてもらいたいという気持ちを工夫や環境や職種に合わせて制作する事で喜ばれる記念品となるアイテムになりうる所が魅力的かと思います。

写真表彰、事業達成記念向けオリジナル時計の選び方

社員や、功績を残したメンバーに贈られる腕時計にておいてどのタイプにするのかはもらう側の方達がどんな時に使用するかによってタイプは変わってきます。 スーツを普段来ている方にはクラッシックなタイプを、外での作業や、工場勤務の方にはスポーティなタイプを選択すれば使用頻度が上がり、社員が着けることによる広告効果も期待できると思います。

事例紹介

優秀社員の表彰、プロジェクトの達成、退官記念、会社から社員におくられる腕時計の事例をご紹介いたします。

エスクリ様

ブライダル事業を展開し、社名の由来にもあるように、人の力を大切にしている会社です、優秀社員を表彰するのも納得の企業です

ご依頼の背景

年間にて成績優秀者を表彰するイベントが社員旅行のタイミングで行われるとこの事で腕時計を制作を希望されました。この時計を付けて実際に仕事をしてほしいとの事で、男女共に普段からスールルックスのフォーマルスタイルで仕事されている方が多いので、スタイリッシュでフォーマルな時計を希望されました。

担当者の声

高級感を保ちつつ、全体的な雰囲気は派手にならないように気を付けました、男女別で制作となりましたので、王道ではありますが男性は銀、女性はピンクの配色にさせていただきました。 裏蓋のロゴには会社ロゴと最優秀賞という意味のMVEを合わせたものを制作いたしました、おそらく気に入ってもらえたと思います、なぜならこのデザインはパッケージのも使われることになったので良かったと思います。 無事出荷配送も完了しまして、現物確認もした後なのですが、実は社員旅行と社員表彰は海外で行われるとの事で普段は腕時計の輸入しかしておらず、海外発送の場合の手続き等のご質問いただいた時は迅速な対応ができず、渡航先の国と必要書類、注意事項を調べてご案内させていただき、後日無事に表彰も執り行われたと聞いて安心しました。

建設会社様 押角トンネル開通記念腕時計様

押角トンネル(おしかどトンネル)は、国道340号新道 (押角峠道路) のトンネルである。当初は峠付近の国道 (旧道) に並行して設けられた単線鉄道トンネルであり、小本線(岩泉線)の押角駅 - 岩手大川駅間に位置していた。 1947年(昭和22年)の国鉄小本線(岩泉線)押角駅 - 宇津野駅(1957年に廃止)間延伸時に開通した。なお、宇津野駅は本トンネルの岩手大川側坑口付近に位置していた。鉄道トンネル当時の全長は2,987 mであった。2014年の岩泉線の廃止により鉄道トンネルとしての役目を終え、道路用に拡幅されて押角峠道路のトンネルに転用された。 平成28年より、県が「復興支援道路」として整備を進め、押角トンネル(L=3,094m)が貫通し、平成30年6月5日に貫通式が開催されました。

ご依頼の背景

約2年かかった復興工事の終了の記念として、携わった関係者の方たちに贈答用として制作。

担当者の声

トンネル開通のためのキャラクターを利用したいとのことで、記念品としての高級感を保ちつう、またキャラクターが前面に文字盤に入ってしまいますと、キャラクターグッズのようになってしまいますので、ロゴのような使い方てキャラクターを印字する事になりまし、ただ、キャラクターが12時の下にロゴのように配置すると今度は印刷の線幅問題がでてきました、腕時計という直径約3㎝以下のキャンパスに自由にデザインは可能ですが、その約3㎝の中に、真ん中には針があり周りには大体目盛りをいれます、ですので12時の下にロゴなどを言えれるスペースは直径5㎜~7㎜ぐらいしかありません、そこに細かいデザインを入れる事になると、特にシルク印刷なで印刷する場合は現在では肉眼では見えない程度に細かさ表現できる印刷手法ですが、線幅的にインクが透過しない、線と線がつながってしまうなどの問題がおきます、そこのバランスをとる所に注意が必要でした、今回はキャラクターも単色にて印刷でしたので何とかバランスが取れたと思います。

岐阜県警 国体警備特別チーム様 解散記念

国民体育大会(こくみんたいいくたいかい、略称: 国体(こくたい))は、日本で毎年開催されるスポーツの祭典である。実施競技によって1-2月の冬季大会と9-10月の本大会とがあり、昭和21年(1946年)に第1回大会が近畿で開かれて以降、各都道府県が持ち回る方式で開催されている。大会のあり方はスポーツ基本法で位置付けられており、日本スポーツ協会・文部科学省・開催地都道府県の三者共催で行われる大会です、2012年に開催権となった岐阜にて警備を担当した特別チームの関係者用として制作されました。

ご依頼の背景

毎年各地にて開催される国体ですが、準備から換算する数年をかかります、結成されたチームは長いプロジェクトに向けて一緒にすごくことも多く、解散となると学校の卒業のような別れとなりますので、思い出い残るようにと制作を実施

担当者の声

個人的には入社したての時期で、最後の納品の所をお手伝いができまして、県警キャラクターが入っている中にても記念品らしいしクラッシックな仕様になっていたことを覚えています。

まとめ

社員表彰や達成記念などは功績があって初めて手に入れる事の出来る記念品になると思います。 まずはその功績を達成するためにさまざまな努力、経験、強い意志なども必要です。 普段から社員表彰を目標として日々の業務をこなしている人はあまりいないと思いますが、それぞにミッションを抱えて、目標に向かて業務を邁進していると思います。 実際に目標を達成するために、目的を考察して行動していくわけですが、その目的、目標の設定がなければ何をもって評されるまでの構成なのかはわからなくなってしまいます。 目的・目標の設定を行わなくては、そのために必要なこともわかりません。まずは以下のポイントを抑えながら目的・目標を設定しましょう。 ポイント1 「達成したいと思える目標にする」ことです。 自分が価値を感じる目標であれば、目標を見ただけでワクワクし、やる気が高まり使命感も生まれます。その結果、目標達成の取り組みにも主体的に臨むことができるようになります。 ストレッチ目標という言葉あるように、業績結果を出しても実際の能力や経験から期待できる結果ではなかなか評価されることはむずかしいので、ストレッチ目標を立てる事が大切かと思います、まさに背伸びをした目標をたて、ただ伸びきって切れない程度の目標の事です。 ポイント2 「目標達成までの期日を明確にする」ことです。目標達成の期日が明確になることで、「この日までに、これとこれとこれを行う」というように、モチベーションを高めながら取り組むことができるようになります、もし道中 未達成な結果となったとしてもそこで見直して目標を見直せばいいのです、ヘレンケラーの言葉で「楽観主義は、達成へと導く信念である。希望と自信なくして何も達成することなどできない」 希望さえあればいつでも目標を見失わず進むことができます。 ポイント3 「達成できた/できなかった」を明確に判断できる表現にすることです。 達成の可否が曖昧だと、人はつい「頑張ること」「努力すること」などが目標だと錯覚しがちです。これでは目標達成よりも前に、努力したことで満足してしまうかもしれません。 だからこそ、数値化するなどをして、どの程度目標にちかづいたのかを確認する事が必要です。 目標達成までは長い道のりと苦労がともないますが、評価された時計はまた格別な思いを体験できるかと思います、その格別な思いをいつまでの残し、蘇るためのツールとして身に着けられる記念品の腕時計が選ばれる事も多くなっていると思います。

オリジナル腕時計展示棚の前にある時計を装着したスタッフの腕

お問い合わせ

OEM・販促品・ノベルティ・記念品に時計をご検討中の方
弊社のサービスについて不明瞭な点がある方、時計に関して質問がある方など
お気軽にお問い合わせください

お役立ち情報

オリジナル腕時計が色鮮やかな背景の上にちりばめられているページ

商品カタログ

Catalog

商品カタログの説明

アクリル時計を持ってスタッフが立っている

アクリル時計

Acrylic

アクリル時計の説明

製作したオリジナル腕時計3点の画像

活用事例

Case

事例のご紹介